車内の不快な臭い対策

車中泊を繰り返していると、だんだん車内のにおいが気になり始めます。

車の中に滞在している時間が増えるので、人の汗のにおいなどがシートに染みついてしまうわけですね。
なので定期的にシートの水拭きや、フロア床面の掃除機による清掃などをしっかり行うこと。
旅から帰ってきたら必ず清掃しましょう。

車は数年乗っていればエアコンからの臭いも気になり始めますね。
特にエアコンを冷房から暖房に切り替えたとき、暖房から冷房に切り替えたときなど、エアコン内の臭いにおいがとても気になるときがあります。
こういった場合、助手席の下にあるエアコンのフィルターを交換すると効果があります。
私は4年に一度を目安に交換していますね。
ただ、安い車になるとエアコンフィルターがついていないタイプの物もありますね。
そういった車の場合、エバポレーターを直接洗浄する泡や霧タイプのスプレーを使用する必要があるでしょう。

【フィルター部門第1位!】クイックエバポレータークリーナーIII トヨタ系ディーラーで使用! …
価格:2,730円(税5%込、送料別)

ただ車のエアコンのエバポレーターはかなり奥まった位置にあり、個人では洗浄がかなり難しいケースがあります。
私の所有しているマツダアクセラでは・・・残念、エアコンフィルターの交換が精一杯でした。

また、簡単なのでは車内用のファブリーズを購入し、定期的に車内に吹きかけることですね。

クルマ特有のニオイを元から除去ファブリーズ ダブル除菌 クルマ用 210ml ★カー用品/布用 消臭…
価格:448円(税5%込、送料別)

もしもエアコンフィルターやエバポレータ洗浄までやろう!という根性のある人は、エアコンのフィルターを取り外した後、車のエンジンをかけてエアコンを起動し、フィルターの入っていた場所(エアコンの空気の吸い込み口)にファブリーズを数度吹きかけるのも効果的。

<<1
こんな感じで。

ファブリーズの消臭成分がエアコンの吸入口から入り込み、エアコンの吹き出し口に出て行きます。
これにより消臭薬がエアコンのダクト内に吹き付けられるという方法ですね。

あとはよくオートバックスやイエローハットに置いてある車内用の芳香剤を置くのも良いでしょう。
ただ、このタイプの芳香剤が車酔いを誘発してしまう事もあるので、車酔いしやすいお子様がおられる場合は注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です