■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
・車中泊とスバルレガシィツーリングワゴンBP5
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

車中泊とスバルレガシィツーリングワゴンBP5

久しぶりの投稿です。

アテンザセダン・・・デザインが素晴らしく、しかもトランクスルーでフルフラットになるという素敵仕様。
大変お気に入りだったのですが、政治的な要因により手放すことになりました(涙

まぁ仕方ないとはいえ、3年ほどで新車を手放すことになるというのはきついですねぇ。
セダンでかっこいいし、かなり大きな車だったためにスペースも多く、気に入っていた車ではありましたが、仕方ありません。

改めて乗り換えたのはスバルのレガシィツーリングワゴン。
中古の10年落ちの車ということであまり期待していなかったのですが、乗ってみるとこれが案外調子いい。

まずは車体のスペックですが、
全長4680 mm x 全幅1730 mm x 全高1470 mm
というスペックになっています。

今どきの車は横幅が1800を超える車が多い中で、古い車なのでこの程度の横幅で済んでいるのがいいですね。
趣味で山登りをするのですが、アテンザでは横幅が1840mmとかなり大型だったため、一車線の道で対向車が来るとにっちもさっちもならない、という状態になりがちでした。
ですがレガシィならば横幅は100mmも少ないため、かなり細い道にも入っていけます。これはいい。

ワゴン車というのは車中泊に向いているというのは以前から聞いていたのですが、確かに向いていますね。
ある程度の室内高さを維持しつつ、後部座席〜トランク部の広大なスペースが自由に利用できます。
そのスペースは全長2000mm程なので、大人が2〜3人寝れるスペースになっています。
この世代のレガシィツーリングワゴンは「完全フルフラット」になるのも特徴です。
世間一般で言われているフルフラットは、単に運転席と助手席を後ろに倒しただけのものが多い中、このレガシィツーリングワゴンは完全にフラットな状態になるのが特徴です。
流石に一世を風靡した車種だけあって、考えられてますね。

またワゴン車というのはルーフボックスが最も似合うタイプの車なので、デザインに気兼ねなくルーフボックスを付けることができます。
セダンやボックスカー、一部のSUVだとなんとも間の抜けた感じになりますが、ワゴン車はそういう意味でもいいですね。

私はアウトドアが好きで、冬はスキー、春夏秋はキャンプ・登山と忙しいのですが、アウトドア用品はとにかく場所を食う。
レガシィは大きな車内空間があるのですが、それでもザック・登山靴・キャンプ用品・水・着替えなど置いていると、一人が寝るのがやっとのスペースしかあかないのです。

けれどもルーフボックスがあれば、こういった荷物の殆どをルーフボックス内につめこめるので、大きなスペースで快適に眠ることができてしまうんですね。

私は2.0iという最も廉価なグレードですが、レギュラーガソリン仕様なのがお財布にいいですよね。
この世代のLegacyはほとんどがハイオク仕様なのですが、もともとフルタイム4WDということもあり、他の会社の車種よりも燃費が落ちます。
2.0iはレギュラーガソリンなので、燃費も10〜12km/h程は普通に走るので、コスパがいいんですね。
パワーもそれなりですし、最近ないATも山道では使い勝手がよいです。

「安くてよく走る、車中泊に向いている車」を探しているならば、レガシィツーリングワゴン、おすすめですよ。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[車中泊とスバルレガシィツーリングワゴンBP5−>tie]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。