■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

車中泊と長距離運転

車中泊をするということは、かなり遠くにいけるということになりますね。

私が先日車中泊を駆使しながら行った鹿児島旅行は、総計2500kmにも渡る超長距離を6日間で走り回ったことになります。
これほどの長距離運転を、たった一人で走りきったことでかなり自身がついたのですが、同時に長距離運転の危険性についてしみじみと感じさせられた旅行でした。

JAFの会員誌には、「下道で200km、高速で500kmを一日の走行距離の限界の目安としてください」とあります。
これは確かにそうだと思いました。

今回私が鹿児島旅行で走っていた道は山道が多く、200kmでも厳しい感じがしましたね。
逆に平野なら300kmもなんとかなる気がします。

高速道路の場合、500kmを超えたあたりから意識が朦朧とし始めます。

34歳のややひ弱な男性である私は、100kmごとにサービスエリア・パーキングエリアで休憩をとりつつ運転し、熊本〜京都間の700kmを一日で走り抜きました。
これだけの距離を運転するのに16時間ほどかかりました。
本来ならば会社の寮のある名古屋まで運転し切る予定でしたが、京都のサービスエリアで休憩を取ろうと車からおりた瞬間、足が体を支えきれず崩れ落ちるようにして地面に座り込んでしまいました。

私の愛車であるマツダのアクセラセダンは乗り心地がよいシートで評判がよく、座って運転している間はそれほど疲れを感じません。
が、いかによい車にのり肉体的な疲労は軽減できても、精神的な疲れの限界はどこかでやってくるもののようです。

っと、ちょっと長くなったので続けます。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[車中泊と長距離運転−>tie]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。