■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

緊急時のためのタイヤ交換訓練2

タイヤ交換記事の続き。
タイヤ交換自体は慣れてしまえばそれほど時間はかかりません。

が、まったく交換方法を知らない状態で始めると、結構な時間がかかる。
旅先でタイヤがパンクして立ち往生してしまったとして、貴重な旅先での時間をタイヤ交換で失ってしまう。
これは大幅な時間のロスになってしまいますよね。
タイヤ交換は訓練を積めば1本10分くらいでできるでしょうが、訓練していないとはじめはなにがなんだかわからないので30分くらいかかってしまうかもしれません。
なので、大体どのような流れで行うべきかを体に覚えさせる意味でも、タイヤ交換の訓練を行なっておきましょう。

まずはタイヤカバーを外します。



取扱説明書には備え付けのマイナスドライバーみたいなやつで外してください的な事を書いてあるのですが、このドライバーが長くてちょっとやりづらい。
また、タイヤカバー自体は樹脂ですから、不用意な力を加えると割れてしまうので注意。
まぁタイヤカバーなんて安いものですから、新しく買うのもいいでしょう。
良いデザインのものが楽天とかで売ってます。



ここで注意したいのは、空気注入口の部分は、カバーの形状が違うということ。
カバーを取り付けるときにこの注入口の部分をうまく合わせないときちっと入らないので把握しておく。

次に、タイヤのナットを緩めていきます。


ナットを緩めるためにはナットレンチを使用します。
車載工具で十分ですが、ホームセンターなどで売ってている十字型のタイヤレンチがあるとなおやりやすいようです。


これはジャッキアップする前にある程度緩めておくべきですね。
結構硬いので、車に備え付けられているナットレンチを入れて足で蹴る。
このときトルクレンチを持っている人はトルクレンチで緩めればいいじゃない!と思うのですが、トルクレンチはナットを緩めるためのものではないので注意。
トルクレンチの取説にも「ナットを緩めるのには使用しないでね!」と書いてあります。

ナットをある程度緩めたら、次はジャッキアップ。
前の記事で書いたとおり、車の扉をしっかりとしめ、指定された場所にジャッキを設置し徐々に上げていく。
初めは手で回して、硬くなってきたら備え付けられている長いドライバーなんかで回す。

タイヤが5cmほど浮けばOK。
ジャッキアップは、上げれば上げるほどジャッキ自体の転倒の危険性があるので注意。
この時、外したタイヤを車の下に入れておくと良い。
なぜかというと、ふいにジャッキが倒れた場合、タイヤが下に置いてあるのでそれ以上落ちないタメ。
また、ジャッキアップをした後、ゴム製の車止めをジャッキアップしていない側のタイヤの対角線上に2つ入れておくと、なお安全度が増します。

タイヤのナットをある程度緩めてありますから、あとはレンチでナットを全て外し、新しいタイヤに交換。
この場合は旅先での緊急時のタイヤ交換を想定していますから、トランク内などにあるスペアタイヤに交換します。





このスペアタイヤなのですが、長距離走行するようにはできていません。
あくまで緊急用で、普通のタイヤとは構造が違う点に注意。
スペアタイヤに交換後はすぐにオートバックスやガソリンスタンドなどにいってタイヤを4本全て交換してもらいましょう。





<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[緊急時のためのタイヤ交換訓練2−>mente]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。