■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

緊急時のためのタイヤ交換訓練

タイヤ交換したことありますか?
実を言うと、自分はタイヤ交換というものを自分で行ったことがつい最近までなかったんですよ。

スペアタイヤ自体がトランクの下に入っているのは確認して入るのですが、いざタイヤがパンクした時にどうやって交換すればいいかはわからず。

今回、ユーザー車検を受けることにしたので、タイヤを外して下回りを点検する必要が出て来ました。

緊急時のために一度くらいはタイヤを外し、再度つけるという訓練はしておいたほうが良いと感じましたね〜。

ただ、タイヤ交換のトレーニングには必ず「トルクレンチ」を用意しておくこと。
タイヤの脱着自体はそれほど難しくないのですが、車に備え付けられているナットレンチではナットの締め付けの適正トルクが分かるわけもないので、必ずトルクレンチを用意する。
楽天で安いものなら3000円〜からあるようですね。


私が買ったのはこれ。
やっぱり信頼の日本製。

タイヤを外す際には、色々なコツがあります。
まずは道路が平坦な場所。
砂利道とかではジャッキアップしたジャッキが不安定になり、最悪ジャッキが倒れてしまう恐れがあるのでNG。
あくまでフラットな道路の上で行う。
坂道なんてもってのほか。

タイヤ交換では車の下に入り込むことはないのですが、それでもいきなりジャッキが倒れたら危険極まりない。
ましてや車の下に入っている際にジャッキが倒れたら、車に押しつぶされてしまう。

もしも車の下に入るようならば、タイヤ下にすべり止めのための三角ゴム板を置いたり、倒れてきた時のために、車の下に外したタイヤを入れておく。


こういう車輪止めがホームセンターとかで売ってます。

ジャッキ自体は大抵の車には標準で付いています。
トランクの中に緊急工具と一緒に入っていると思いますので、必ず一度は確認しておきましょう。


アクセラではトランク左側にジャッキアップツールボックスがあります。


ほらっ。




緊急工具

中身はこんな感じ

この緊急工具なのですが、あくまで最低限のものしか入ってない。
マツダのアクセラの場合、タイヤのナットを取り外すレンチと、でっかいマイナスドライバー?的なものと牽引用の道具しか入っていない。
何かあった時のために、マイナスプラスドライバー、モンキーレンチ、ペンチくらいは常備しておきたいところ。
私は100円ショップで買ってきて緊急工具と一緒に入れてあります。
100均一のものとはいえ、あるとないとでは大違いですからねぇ。

タイヤをジャッキアップする際は、車の「指定された位置」にジャッキを置く。
この「指定された位置」以外に置くとフレームが曲がってしまい、最悪扉が開かなくなるような悲しい状態となるので注意。
必ず、車に備えられている取扱説明書で、ジャッキを設置する場所を確認しておくこと。


アクセラのジャッキアップする指定位置

こんな感じで。

また、ジャッキアップする際はかならず車の窓を閉め、扉をしめてロックする。
もしも扉を明けた状態でジャッキアップするとフレームが曲がり扉が閉まらなくなる恐れが。


ジャッキアップは結構面倒なので、私はこんな感じでハンドドリルと直結しています

ハンドドリルと

ホームセンターとかで売ってる安い金具でユニバーサルジョイント自作。
もっと良い方法があるような気もしないでもないですが・・・・。


ちょっと長くなったので次の記事にて。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[緊急時のためのタイヤ交換訓練−>mente]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。