■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

タイヤのメンテナンス

タイヤのパンクは高速運転中に起きれば大事故を招く事になりますね。
低速運転中でも、タイヤがパンクするとハンドルを大きく取られることにもなるのでとっても危険!。

なので、タイヤのメンテナンスはとても重要な物です。

「新品だから大丈夫」という人も、曲がった釘などを踏んでた嫌に穴が空いてしまう可能性は否めないので、車中泊をしながらの長いドライブに行く前にはタイヤを確認する癖を付けた方がよいでしょう。

まずはタイヤの空気圧の設定について。
タイヤの空気圧は、標準的な空気圧が運転席の扉付近に記載してあるので、基本はこの通りに入れればオッケー。



運転席扉の左下。
ここに設定圧力が書いてあるんですね。
そのほか、標準的なタイヤサイズも書いてあるので、タイヤ交換の際は参考にするのも良いでしょう。


ある程度この標準空気圧力よりも高めに入れれば、タイヤが道路に設置する面積が少なくなる分、摩擦抵抗が少なくなり燃費は向上します。
当然路面との接地面積が少ないため、曲がる際にも曲がりやすくなりますが、グリップ力が落ちるので過信は出来ません。


タイヤの圧力はこういうの買って、タイヤの空気注入口に当てれば計れますね。
イエローハットとかオートバックスで安いの売ってるので、一つ買っておくのも手。


自分でエアーを入れるならば、こういう圧力計付きの12vシガーソケットタイプのコンプレッサーを一つ買っておくのもよい。



スタッドレスタイヤは道路との接地面積を増やすことでグリップを確保しているので、冬場にタイヤの圧力を高めにするのはあまり良くない。
特に豪雪地帯に行く場合は標準圧力を基準とし、やや少なめに入れて置いた方がタイヤのグリップ力が増して良い感じになります。

タイヤに入れるガスは、普通の空気と窒素があります。
窒素はその原子のサイズが大きいので、空気よりもガスが抜けにくいとされていますが、その効果の程は微妙です。
まぁガソリンスタンドやディーラーで窒素入れときますね!と言われたら、ハイそうですかと入れて貰えばいい程度の感じ。
これで走りが変わるといった感じではない。


タイヤの溝はタイヤゲージにて測ります。


タイヤの左端→中央→右端と測り、片減りしていないかをチェック。
片減りしているようならば、タイヤを外してローテーションをする必要があるかもしれません。
ローテーションは個人では面倒なので、オートバックスやイエローハットなどで依頼するのがよいでしょう。

タイヤを外して足回りのチェックも、暇な人はやってみるとよいでしょう。


鉄チンタイヤの人はタイヤカバーを外して、車載工具のナットレンチで、タイヤを外していきます。


こんなかんじで外していくわけですね。
タイヤ交換は別の記事にて詳細を書いてありますから、参考にしてみてください。


タイヤを外したら、ついでにブレーキパッドの摩耗具合を確認します。






<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[タイヤのメンテナンス−>mente]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。