■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

車内で家電を使用するインバーター

車内で家庭用100vの家電を使いたい!
でも車のバッテリーは12vか24v・・・。

こういう場合にはインバーターを使用します。
インバーターは12vの直流電源を100vの家庭用正弦波交流に変換する機械ですね。


矩形波形インバーターにヘアアイロンを繋いだ例。
ヘアアイロンは何故か安物の矩形波形インバーターは動かない場合が多い!
消費電力は少ないので、ある程度廉価な正弦波インバーターを準備しましょう。

使えるアイロンもあるにはあるのですが・・・。


インバーターは各社様々なものがありますが、極力容量の大きいものを選ぶべきですね。

また、きれいな正弦波交流のものを選ぶべき。

専門的な話になりますが、安物のインバーターだと100vに変換はしているけれど波形がガタガタですので、精密機械には向きません。
ノートパソコンやスマートホンの充電に使用するならば矩形波形インバーターでもいいのですが、モーターなどの回転機を使用する場合、きれいな正弦波交流が出るインバーターを選ぶべき。
当然、値段も高くはなりますが。

なるべくワット数の高いものを選択しないと、消費電力の大きい機械は使用できません。
私の場合は天然パーマなのでドライヤーとヘヤアイロンを使用したいので、大きいものを選んでいます。

ただ、仮にワット数の高いタイプのインバータを購入しても、車のシガーソケットの電流ヒューズは15A程度が普通のため、「インバーター容量でかくしたからドライヤー使っちゃえ!」と大消費電力の機器を接続すると、車のヒューズが切れるでしょう。
以前、出雲大社へ行った際にこの状態になってしまい絶望した経緯があります。
ディーラーの人が好意でダッシュボードの裏側にシガーソケットの分岐ソケットを付けてくれたのですが、これがカーナビなどの電源と共用にしてあるのを知らずに、インバーターの電源を接続。
カーナビ系統の電源は5A程度のヒューズを使っているので、インバーターでヘアアイロンを使用したらヒューズが飛びました。

早朝5時に車のトランクを開けたり、ヒューズボックスをあけたりして原因を追及し、ヒューズが切れているのを確認・・・。
しかし替えのヒューズがない!

道もなにも分からない旅先でカーナビが使えなくなったあの恐怖・・・。
仕方ないのでアンドロイドスマホのカーナビを使用するけれど、当然のごとく性能が低いので、へんてこな案内をする。

道に迷いながらなんとか出雲大社へとたどり着き、近くのオートバックスでヒューズを購入して事なきを得ましたが、あれは痛い思い出でしたね・・・。
旅から帰った後、インバータを15Aのソケットへと接続しなおしたのは言うまでもありませんね。






車内12vで使えるドライヤーというのも売ってはいるみたいですが、使ったことはないです。
一応、ヒューズが飛ぶこともあるので、購入したらヒューズも用意して置いた方がよいです。
ここでいうヒューズとは、車本体のヒューズと、インバーターのヒューズの2つですね。

車のヒューズは車によって接地場所が違います(大抵は助手席前のボックス内?)ので、取扱説明書を読みましょう。




お値段も結構かかりますが、まぁ一生ものなのでいいものを買っておきましょう。

2000wタイプのインバーターならば、ドライヤーの使用も可能でしょう。
ただ、このレベルのインバーターともなると電流値は100Aを超えるでしょうから、バッテリー直結でないと使用が難しいですね。
サブバッテリーシステムを組んだ上での導入が前提となるでしょうから、やや敷居が高い感がいなめません。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[車内で家電を使用するインバーター−>g]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。