■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)


さてさて、前回の記事で初めてお披露目したMeltec SG-3500LED。

いわゆる車中泊のお供であるサブバッテリーシステムの入門機なのだが、比較的安価であるにも関わらず、性能は大したものである。

サブバッテリーとは、車の始動用(最近はアイストップ用電源としても使用されているが)のバッテリーの他に、車中泊で使用する様々な電源のためのバッテリーをもう一つ持つ、というのがサブバッテリーなのである。

通常は、装甲充電器やLongのデュープサイクルバッテリー、DC-ACインバーターなどを購入し、自分で配線する必要があるのだが、Meltec SG-3500LEDはそんな煩わしさを本体のみでカバーできてしまうというすばらしい機種なのだ。


amazonで1万円弱で購入できる安さも売りの一つである。
基本的な性能としては、


●セルブースト機能
車のバッテリーが上がってしまったときに、エンジンを再始動させる機能。登山野郎である筆者は、登山口でバッテリーが上がってしまったときのことを考えてこの機種を購入したのだ。
専用のブースターケーブルは標準で付属しているから、トランクの中にでも突っ込んでおけばおk。
道ばたでエンストして困っている綺麗な女性を、SG-3500LEDのセルブースト機能で助けてあげれば、モテること間違いなしだ!




●USB電源
巨大なモバイルバッテリーと思えばいい。筆者はウェアラブルカメラを車載し旅の動画を撮るのだが、車のシガーソケットからUSBアダプタを付けての充電だと、エンジンが停止している際に充電がされないのが問題となった。
登山の際にもウェアラブルカメラを使用するので、さぁ頂上の動画を撮るか!という時にウェアラブルカメラの充電があまりされていなくて泣いた経験がある。
SG-3500LEDがあれば、停車時にもUSB電源が確保できるため、登山口についたあと車中泊をしている最中にも充電でき、朝おきたらカメラのバッテリーが充電完了!という状態になるのだ!
勿論スマホやモバイルバッテリーの充電もいける。



●100v給電機能
100vの家庭用電源を外に持ち出せるのは大きい!車にモバイルバッテリーを搭載し、装甲充電器により充電させ・・・という形だと、キャンプ場に100v電源を持ち出すことが困難だ。
だが、SG-3500LEDならばそれが可能となる!
ただ少し気をつけたいのが、100v電源だが厳密に言えば家庭用の100v電源とは違う。
家庭用の電源は正弦波と呼ばれる綺麗な波なのだが、この機種は矩形波なので電力品質が若干悪い。
そのため、動く電化製品と動かない電化製品が出てくる。
ちなみにドライヤー(冷風モード)は動いたぞ!

オッサンの髪もさわやかになびく!



●12vシガーソケット給電機能
車で使用されている12vのシガーソケットを、いつでもどこでも使えてしまう!
12vシガーソケット電源を使用するグッズは車中泊を愛する人達なら一つや二つはもっているはず。
それが屋外でも車内でも、いつでもどこでも好きなところに持っていって使えるのは大きい。



上からLED照明。USB給電口(ゴムプラグ付き)、USB電源のLEDランプ、UEB・LED照明切り替えスイッチ、セルブーストケーブル接続口となっている。



●LED照明機能
スポットライト的なLED照明が付いています。
これが結構強力。
山奥のキャンプ場などは照明もなく暗いので困ることがありますが、この機種のスポットライトはかなり強力なのと、連続点灯時間が長いために安心して使える。
これの前のタイプにSG-3000DXという黄色い本体の機種もあるのだが、こちらは照明が蛍光灯タイプ。
用途に応じて機種を選択するのもいいかもしれない。


とまぁ、SG-3500LEDについてのレビューを書いてきましたが、車中泊の用途としては
・車内での扇風機 電気毛布の使用
・パソコン・スマホなどの電源として使用
としての使用が主になると思います。



全面のパネル。
バッテリーチェックボタンが有り、バッテリーの残量がすぐに分かる仕様となっている。


背面のシール。取説など。


led側とは反対のインターフェイス。
上から12vシガーソケット、100V電源用のスイッチ、100vコンセント、付属ACアダプタ接続口、ヒューズとなっている。


ヒューズは自動車用でよく使われてる20Aの奴。






<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)−>g]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。