■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車の騒音には主に三種類あって、低音域のロードノイズ、高音域の風切り音、低音〜中音域のエンジン音等々。

今回紹介するのは、主に風切り音を低減する防音テープドア用。
ただこの製品、風切り音だけを低減する物ではなく、外界の音を全般にシャットアウトする優れもの。
なので車中泊で車を停止しているときにもその効果は絶大で、是非是非施工してもらいたいおすすめ商品。




ここで紹介しているのは2本入りです。
前の座席と後部座席がある場合は4本必要なので2つ購入しましょう。
私はこのことを知らず、左側の座席に施工後、[アレ?本数が足りない・・・]となり慌ててイエローハットまで走りました(笑)

この製品の施工はなれれば簡単なのですが、初めはどの位置に貼り付ければいいか迷います。
これは車のドアに標準でついているゴムに重なるようにして貼り付ける物です。
取扱説明書には、ゴムに水性ペンでマーキングし、ドアを閉めることにより、ゴムが普段触れている場所の金属面に水性ペンの跡がつくのでその位置に貼り付けてくださいね〜的な事が書いてあります。
ですがなれればどの位置に貼り付ければいいかは把握できるので、一つ目のドアをこの方法で位置確認をしたら、あとのドアはこの面倒な方法をとらずともだいたい位置が分かりますのでペタペタと貼り付けていきましょう。


施工の前にまず脱脂。


シリコンオフを布やティッシュにしみこませ、ゴム板が張り付くであろう部分を徹底的に脱脂します。
シリコンオフは結構な要領あるんですが、静音計画シリーズ全てを施工すると結構使っちゃいます。
まぁ1本あれば十分とは思いますが。


んで、水性ペンで上で述べた方法でマーキングし、だいたいの位置を把握したら、画像のように貼り付けていきます。
ゴムのつなぎ目が目立つと嫌なので,私はドアのヒンジ部分を開始地点にしました。
ここでコツは両面テープを一度にはがさないこと。
若干引っ張り気味で貼り付けることですね。

問題はカーブの部分。
ここをうまく貼り付けないと格好悪くなるので注意してください。


施工した全体写真。
あまり目立たないですね〜。


こんな感じで施工されてます。

この風切り音防止モールドア用の効果はとても大きく、外部から入り込んでくる高音〜低温域までの音を幅広く低減してくれます。
全てのドア(私はトランクも同様に行った)にこの製品を施工すると、まるで車内が完全密室になったかのような雰囲気を覚えるほど、遮音されます。

エンジン音のうるさい車がすれ違う際のあの嫌な音もかなりカットされますので、超おすすめですね。

車中泊をしていると、マナーの悪い人が夜中中騒いだりして眠れないと言うことがありますが、この製品はこの騒音問題をある程度解決してくれると思いますよ。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[静音計画 風切り音防止テープドア用を試す−>c]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。