■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す

車の防音施工をしていくと、防音用品がどういった騒音に有効化というのが分かってきます。
車の車内に響く騒音の発生源にはいくつかあって、
・タイヤを伝ってくるロードノイズ(低音)
・風切音(高音)
・エンジン音(低音〜中音)
という感じになりますね。

これら全てに対応できる製品から施工するのが最もお金のかからない方法でしょう。

今回紹介するのは、風切音を低減するためのもの。
車を購入する際、アクリルバイザーを取り付けた人のためのものですね。

窓の上の部分に取り付けられているアクリルバイザー。
ちょっとだけ窓を開けて、外気を取り入れることができるので結構便利なんです。
夏場とか、停車中に窓の上の部分をちょっとだけ開けておき、熱を外に逃がしたり。
たばこを吸う人は煙を逃がすのに使ったり。
雨の日に車内に雨が入り込みにくいので便利という物ですが、この部品は気流を乱すのか結構な風切り音がします。

風切り音は風の強い日や、60km/h以上の速度で走ると目立ってくる高音域の音ですね。
「ピュウウウウ〜ヒュウウウウ」という音は、ロードノイズの大きい車の場合それほど目立たないのですが、ロードノイズ低減マットや各種の防音ゴム施工をしてくると、ロードノイズ以上に目立って聞こえてきて不快になってきます。

今回はこの、バイザー用の風切り音低減モールを施工します。

この製品、簡単に施工できるようで案外難しかったりします。
というのもバイザーの形状が車によってはかなり特殊で、アクセラの場合は内側に若干入り込むような形状となっているので取り付けが難しかったです。


とりあえず、これが取り付けた状態ですね。
内側から見ると結構目立つのでいやんな感じですが、外から見ると全然目立ちません。
バイザー自体がスモークがかかった色で、この風切り音防止モール自体もスモーク色をしているから目立たないというわけですね。

ですが車内から観るとかなり目立つので、慎重に施工しないとみすぼらしくなります。

とりあえずはぐるぐる巻きにしてある製品を手でまっすぐに伸ばします。
んで、バイザーに当ててみて寸法をあわせてカット。
そして貼り付けるわけですが、このとき必ず脱脂を行うこと。



シリコンオフなどの脱脂剤がオートバックスなどに売っていますので、これを利用します。
くれぐれもブレーキクリーナーや変な有機溶剤を使わないように注意してください。
強い有機溶剤はプラスチックなどの樹脂を侵食してしまうため、専用の製品を使用した方が無難です。

シリコンオフをティッシュに吹きかけ、このティッシュでバイザーを清掃します。
十分乾いたらモールを取り付けるのですが、必ず一度はバイザーに当ててみて、取り付けがうまくいきそうか試すこと。
両面テープは付けたりはがしたりを繰り返すと粘着力が極端に落ちます。
ただでさえ外気に触れるモール部分に取り付ける製品ですから、慎重に。

取り付けた後の感じですが、高音域の風切り音がかなり低減されます。
元々の音は、まさに風を切るような「シャー」という音が耳障りでした。
特に名古屋の湾岸道路などの風の強い道を走る際に効果がよく分かりますね。
速度で言うと70km/hほどの走行速度の際の高音が軽減されたことを体感できます。







<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す−>c]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。