■車中泊の知恵
・車中泊での暑さ対策1
・車中泊での暑さ対策2
・車中泊での寒さ対策
・車中泊での寒さ対策2
・車中泊、運転席で眠るには
・車中泊、運転席で眠る際のコツ
・車中泊での暇つぶし1
・車中泊でいかに暇を潰すか
・車中泊 持ち物リスト
・車中泊とコインランドリー
・車中泊と長距離運転
・車中泊と宿をいかに織り交ぜるか
・長距離運転のコツ
・車中泊、出発前に確認すること
・車中泊とヘアセット
・車中泊とお風呂
・車中泊と静音化
・車内の不快な臭い対策
・セダンの車中泊について
・車中泊でのドライヤーの使用について
・車中泊とソーラー充電システムとサブバッテリー
・太陽光・サブバッテリーシステムの詳細
・車上生活を考えてみる
■車中泊グッズ
・車中泊にはアルポット
・車内で家電を使用するインバーター
・車中泊ではポータブル電源!
・車中泊での段差解消グッズの重要性
・車中泊で使える机
・車中泊とバッテリーチェッカー
・車中泊とLEDルームランプ
・車の中で家電が使えるHG-150/12V買ってみた
・矩形波形インバーターででヘアアイロンを使う
・車中泊 夏関連グッズ(暑さ対策)
・Meltec SG-3500LEDとロゴスどこでも扇風機
・サブバッテリーを買ってみた(Meltec SG-3500LED)
・車の網戸を買ってみた(大自工業 ウインドーネット)
■車中泊とはなにか
■車中泊の食事
・車内食で便利な机
■車中泊をする場所
・サービスエリアでの車中泊
・道の駅での車中泊
・登山口での車中泊
・公園の駐車場での車中泊
・神社・寺の駐車場での車中泊
・24時間運営スーパーの駐車場での車中泊
・その他の場所での車中泊
■車中泊のマナー
・車中泊では極力エンジンを切る
・車中泊、道の駅ではなにか買いましょう
・ゴミの持ち込みをしない
・公共の電気を盗まない(盗電)
・車外で火気を使用しない
■ギャラリー
■快適ドライブのコツ
・ダブルナビのススメ
・渋滞に注意しよう
・渋滞にハマってしまったら
・エンジンブレーキを駆使しよう
・眼鏡の使い分け
・旅行雑誌は買うべき
・旅の計画の立て方について
■アルポット料理
・アルポットで
■車のメンテナンス
・タイヤのメンテナンス
・窓ガラスに曇り止めをしよう!車中泊
・緊急時のためのタイヤ交換訓練
・緊急時のためのタイヤ交換訓練2
・緊急時のためのタイヤ交換訓練3
■車中泊と防音施工
・静音計画ロードノイズ低減マットを施工してみる
・静音計画エンジンルーム静音シートを施工してみる
・静音計画 風切り音低減モールボンネット用を施工
・静音タイプのタイヤに交換
・静音計画 風切り音防止モール ドア用
・ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する
・静音計画 風切り音低減モール バイザー用を試す
・静音計画 風切り音防止テープドア用を試す

車中泊@快適な旅

ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する

さて、以前紹介した静音計画ロードノイズ低減マットですが、てきとーにフロアマットに合わせて、てきとーにカットしたので正直すごく格好悪かった。

まぁフロアマットの下に入る物だから普段は見えないし・・・って感じで俺の心をごまかしていたんですが、後部座席用のロードノイズ低減マットを施工するときに、同じようにみすぼらしいのは嫌だなぁと感じたためやり方を考えました。



後部座席の場合、一応フロアマットはあるのですが、座席の真下の部分までの長さはありません。
ですが防音性を良くしようと思えば、このフロアマットが内部分にもロードノイズ低減マットを引きたい。
けれど普通にカットしてそのまま敷くと何とも格好悪くなるんです。

というのも、ロードノイズ低減マットはゴム板の裏側に防音用の綿?のような布が引き詰めてあり、これが白色なのでとても目立ってしまう。
これをいかに目立たないようにするかが問題でした。
また、適当にはさみで切ってしまうと、何ともみすぼらしくなるので、きちんと寸法取りしてカッターナイフでカットしたい。


とりあえずフロアマットを取り外し、前の座席をめいっぱい前まで移動させます。
掃除もしておくといいですよね。
カーペットのほこりや髪の毛を取る粘着シールのついたころころ(製品名はしらん)を使うときれいにゴミがとれますよ。


かっこよくカットするため、段ボールで型を取ることにしました。
段ボールはamazonの箱を活用。
普通の段ボールよりやや薄めにもかかわらず、強度がそこそこあって使いやすいのがGOOD!


段ボールでうまく型がとれました。


これを、エーモン工業のロードノイズ低減マットの上に置き、水性マジックで縁をなぞっていきます。
そして、なぞった部分に定規を当て、カッターナイフでカット。
くれぐれもはさみを使わないこと。
はさみを使うと、どうしてもがたがたになり、外観がとても残念なことになってしまいますので(涙)


そしてこれがカット済みのもの。
ここで重要なのは、カットした外枠から約5mm分の内側の白い防音材を除去しておくこと。
防音材は4mm程度の厚みなので、この作業を行わずにフロアに置くと、斜めからロードノイズ低減マットを観ると白い部分が見えてしまい、やはり残念な感じになってしまいます。
コツは、新品のカッターナイフを使い、防音材を3回ほど優しくカットする。
あまり力を入れるとゴム板部分をかっとしてしまうので注意。
カット後は防音材5mm部分を手で除去し、除去しきれなかった部分をカッターナイフの背を使い、ごりごりと削り落としていく。
これで画像のようにきれいに施工できます。


んで実際フロアに置いたところ。
中々かっこよくなりましたね~これなら普通の人にはぱっと見分からない。
大成功っす


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[ロードノイズ低減マットをかっこよく施工する−>c]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
車中泊の知恵
車中泊グッズ
車中泊とはなにか
車中泊の食事
車中泊をする場所
車中泊のマナー
ギャラリー
快適ドライブのコツ
アルポット料理
車のメンテナンス
車中泊と防音施工



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。